the couple

まだまだ多い仕事

cô gái gợi cảm với đồ lót trắng

愛人はまだまだとても多いです。むしろ格差社会が叫ばれている昨今、富裕層にとっては愛人はステータスでもありますので、愛人をと考えている富裕層は多いです。二極化の中で富裕層側に入れた人は愛人の一人でもと考えるようになりますが、ではどこで募集を見つけるのかというと、情報収集が肝になってくるのは言うまでもありません。どこで富裕層を見つけられるのかによって、愛人になれるのかどうかも決まってきます。どのような活動をするのかは、結局は自分を愛人にしてくれる人次第です。会う期間や会った際に何をするのか等、すべて基本的に相手次第になりますので、どのような要望にも応えるだけの度量が求められます。スタイルやルックス以上に大切になります。

長続きするのか、楽しい物になるのか。これは結局はフィーリング次第です。フィーリングという言葉がとても広いのですが、例えば価値観が合う。これは強みです。相手の男性とて一緒に居て楽しいと思える相手や、癒やされると思うような相手でなければ付き合おうとは思いません。むしろ相手を選ぶイニシアチブに関しては男性側が握っていますので、気の合わない女性よりも気の合う女性の方が良いのは今更説明するまでもありません。女性側も無理に合わせようとするのではなく、「合わないなら仕方ない」とあまり一人の相手に固執するのではなく、いろいろな相手を探した方が結局はお互いのためになります。どのような関係であれ、根底には「人間関係」があるのです。